東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ
トップページ > キャンパスライフ > トピックス > タイピングコンテスト2016

キャンパスライフ

  • キャンパススケジュール
  • 学生寮紹介
  • トピックス

トピックス

タイピングコンテスト2016

7月13日(水)、パソコン操作には欠かせない「タイピングコンテスト2016」が行われました。

参加するのは、プログラムや文書作成などタイピング能力が発揮される授業がある学科の新入生。対象学科の代表者が会場のメディアセンターに集まりました。競技方法はランダムに表示される英単語をタッチタイピングで3分間入力し、その入力数で競います。

タッチタイピングとは、キーボードの文字刻印に頼らずに、自分の指先の感覚だけでキーを打つタイピング技法のことで、キーボードを見ながら打つよりも入力速度があがったり、タイピングミスに早く気づくことが出来るというメリットがあります。

最初にルールの確認と注意事項説明後、タイピングの練習時間をとり、椅子と机の間隔やキーボードの状態確認を行いました。中にはマイキーボードを持参する学生もいました。
その後、教員や見学者が見守る中、始まりの合図とともにキーボードを打つ軽快な音が響き渡りました。

ランダムに並べられた単語を打ちます 留学生も参加しています サポートの学生が点数を計測します
表彰
表彰

コンテストの運営サポートを務める学生が2人組で点数を集計。2回キーボード入力を計測し、そのうち結果が良い方で順位を決定しました。タイピングコンテスト2016を制したのは、24行入力できた情報システム科の学生でした。

表彰式では、上位入賞者に副賞としてiTunesカードが贈られました。

〈 1位から5位までの順位 〉
1位 情報システム科の学生
2位   国際ビジネス科の学生(留学生)
3位   国際ビジネス科の学生(留学生)
4位   国際ビジネス科の学生(留学生)
5位   システムエンジニア科の学生

 

上位5位以内に国際ビジネス科の学生3名が入賞し、今年も留学生の強さが光りました。
生活をする上でスマートフォンやタブレットを使用する人々が増え、フリック入力が主流になりつつありますが、パソコンを用いる仕事では、キーボードを正確に打つことが仕事の能率化につながります。学生のみなさんにとっては、自分のタイピングを見直し、レベルアップを図る良い機会となりました。

入賞したみなさん、おめでとうございます!
そして、参加者のみなさんお疲れさまでした。

<H28.07.19>

▼最新TOPICS

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度