ゲームエンジニア科

ゲームエンジニア科

職業実践専門課程クリエイティブ分野/3年制・定員50名

ゲームエンジニア科

次世代を担うゲームプログラマをめざそう!

本学科の目標は「ゲーム業界での即戦力」「次世代を担うプログラマ」の育成です。ゲームのクオリティを左右するプログラムはもちろん、最近のゲームに欠かせないネットワークやデータベースなど幅広く修得します。ゲーム開発を一からしっかり学び、ゲーム業界の即戦力となれる人材を育成します。

Unreal Engine アカデミックパートナー/Unity教育実施校

ゲームエンジニア科について

1.ゲーム開発に必要なスキルを学ぶ

ゲームプログラマとして必要となる知識や技術を学びます。プログラミング技術に加え、ゲームエンジンを利用し多彩なゲーム開発技術も修得します。

2.チームで制作をすることでゲーム開発を実践的に学ぶ

ゲームクリエーター科と合同でチームを編成します。チーム内で担当を決め、ゲーム開発をより実践的に行い、ゲーム業界の即戦力になる人材を育成します。

3.ゲーム制作を中心としたカリキュラム編成

1年・2年・3年とそれぞれゲーム制作の実習を取り入れることで、ゲーム開発の楽しさを知り、必要な知識・技術を修得します。さらにゲームクリエイターから直接指導を受ける機会を設けることで実践教育を行います。

資格について

一流のゲームプログラミング能力を証明するための各種資格を取得

ゲームプログラマには、ハードウェア、ネットワーク、プログラム、CGなどさまざまな知識が必要です。情報処理技術者試験、CG検定などによってこれらの知識・技術を持っていることを証明できます。何でもできるゲームプログラマであることがアピールできるよう資格取得を全面的にバックアップします。

めざせる資格

  • CGエンジニア検定
  • 基本情報技術者
  • JavaTMプログラミング能力認定試験

めざせる職種

ゲームプログラマをめざす

ゲーム業界への就職のためのノウハウやゲーム制作力・企画力さらにはネットワーク技術を身につけることで即戦力のエンジニアとして活躍できます。また、幅広い知識があるため、IT関係の企業でもプログラマとして就職が可能です。

  • ゲームプログラマ
  • ツールプログラマ
  • スマホアプリプログラマ
  • ネットワークプログラマ
  • サーバプログラマ
  • ゲームディレクター

など

学びのステップ

1年次

ゲーム開発の基本を学ぶ

ゲーム開発に必要な基礎技術を身につけます。スマホアプリ等の開発のため、ネットワーク・Linux・データベース技術の基礎を学びます。また、ゲームエンジンも使用することで、ゲーム制作で必要な技術や制作工程を体系的に修得します。

2年次

ゲームプログラムの開発スキルを学ぶ

ゲーム業界で活躍することができるプログラマの育成をします。「即戦力」「人間力」「想像力」を備えた技術者を育成するため、チーム制作実習を取り入れ、開発方法やコミュニケーションなどを磨きます。

3年次

プログラミング技術をプロレベルまで徹底

スマホアプリやPCゲームを中心にゲーム制作の実習を行い、2Dゲームから3Dゲームまで多くのジャンルのゲームを開発できるようにします。プログラム言語やゲームエンジンの利用でゲームプログラマの総合力を身につけます。

メッセージ

Senior's Message

入りたかったゲーム会社に内定就職活動は明るく笑顔で快活に!

黒沢 汀さん

秋田県 十和田高校出身

エンジニアとして複数のプログラミング言語やサーバ、ネットワークを学ぶことはもちろん、ゲームの企画やイラストについても幅広く勉強ができるのが、この学科の特長です。他の学科の学生とのチーム制作もあり、実践的な勉強ができます。プログラミングは、最初は全然分からなかったのですが、授業を聞き、自分で情報を集めたり先生に質問したりして少しずつ覚えました。クラスメートも同じ夢に向かう人たちなので、話が合うし協力できる頼もしい存在です。3年になり就職活動をしましたが、ゲーム業界に入ろうと思ったきっかけを作ったゲーム会社に内定が決まりました。エンドロールで自分の名前が載ることが憧れでしたが、社会に出たらさらに成長した自分になれるよう頑張りたいと思います。

 

Teacher's Advice

世界を驚かすゲームプログラムを一緒に学習しよう!

駒村 彩乃先生

ゲームプログラムは時代とともに変化しています。ゲーム開発の技術・制作手法も多様化が進んでおり、即戦力となる人材が求められています。最先端・最前線で活躍できる場があなたたちを待っています。私たちと一緒に時代を支える技術者になれるよう学習しましょう。

 

OB&OG INTERVIEW

手掛けた仕事に対する反応が楽しみです

学生時代はとにかく勉強が楽しく課題もガンガンこなしていました。チームでものづくりすることの醍醐味が今の仕事にも役立っています。入社当時はまず自分の知識不足を実感。同期はみんな4年制大学や大学院卒でしたが、あせらず「自分は彼らより若いのだから、同じ年になるまでに追いつこう」と考えて頑張りました。私はアーケードゲームを主に担当していますが、やはり完成して世に出る瞬間というのはドキドキします。コンシューマゲームでは専門誌にレビューが載って、インターネットに書かれた評価がモチベーションになっています。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A