音響制作科

音響制作科

職業実践専門課程クリエイティブ分野/2年制・定員20名

音響制作科

舞台・ステージ・音楽業界の音と光を創造するスペシャリストをめざす

音楽の世界や舞台、ステージの世界に欠かせないのが、音と光を操るスペシャリストの存在です。本学科ではサウンドミキシングを中心に、音楽・番組のレコーディングやステージ音響、ステージ照明実習を通して、さまざまなニーズに合わせた音響制作や照明演出を学修します。

厚生労働省「舞台機構調整技能士」受験資格校

音響制作科について

1.レコーディングエンジニアに必要なレコーディングスキルのすべてを学ぶ

フルデジタルレコーディングスタジオでは、レコーディングの基礎からCM制作、テレビ番組制作、ラジオ番組制作、臨場感を映像演出するMAなど実践的実習を行います。

2.コンサートスタッフに求められる音響テクニックと照明テクニックを学ぶ

舞台・ステージ演出を盛り上げる音響技術はもちろん、光で舞台演出を盛り上げる照明技術を講義と実習を通して学び、現場が求める音響スタッフ&照明スタッフをめざします。

3.イベントスタッフやインターンシップで実践力アップ!

仙台市内で毎年開催される「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」のボランティアスタッフや業界企業とのインターンシップなどを体験し、授業で学んだ技術と知識を実際の現場で確認しながら実践力をアップし希望の職種を明確にします。

資格について

舞台照明、PAミキサー、レコーディングミキサー、MAミキサーに必要な資格取得をめざします

舞台音響技術者に直結する厚生労働省の認定を受けた国家認定資格の「舞台機構調整技能士」、レコーディングエンジニアとして必要なスキルを認定する「サウンドレコーディング技術認定試験」や映像制作過程で欠かせないMAミキサーに必要なスキルを認定する「映像音響処理技術者」の合格をめざします。合格を確実にするための講義、実技対策授業が行われます。

めざせる資格

  • 舞台機構調整技能士(実務経験免除)
  • サウンドレコーディング技術認定試験
  • 映像音響処理技術者
  • マルチメディア検定

めざせる職種

イベントを音と光で創造するコンサートスタッフ&音を操るレコーディングエンジニアをめざす

コンサートやミュージカルなどは、スペシャリストが知恵を絞りあって作り上げる舞台芸術です。その芸術を音や照明でサポートしていくのがPAエンジニアと照明エンジニアです。PAエンジニアや照明エンジニアに求められるのは、音響と照明の専門技術と知識です。また、レコーディングエンジニアは、「音」への探求心と「音」を創造する専門知識が求められます。本学科は、音響と照明のエンジニアのスペシャリストを育成します。

  • PAエンジニア
  • コンサート照明
  • 音響システムエンジニア
  • MAミキサー
  • テレビ音声ミキサー

など

学びのステップ

1年次

スタジオミキサー、PAミキサー、照明エンジニアに欠かせない"基礎力"を習得する

コンテンツ制作に欠かせない音響、照明の基本的な知識や技術、映像システム、電気基礎、電子回路、サウンドミキシング、ProToolsを学修します。同時にレコーディングエンジニアに必要なスタジオ録音の基礎やMA※1ミキサーの基礎、そして、コンサートスタッフに必要な舞台機構調整技能士資格取得のための舞台基礎、PA※2音声基礎について講義と実習を通して学修します。
※1 MA(MultiAudio)とは、番組やビデオプロモーションの編集後に行われる音声処理作業。
※2 PA(PublicAddress)とは、拡声装置を用いてたくさんの人に音声や演奏を聞かせること。

2年次

学科独自のホールイベントを企画、PA音響と照明でイベントを創り上げる

舞台機構調整技能士の合格を目標に実技試験対策を行います。合わせて実践的なレコーディングテクニックを活かし、ラジオ番組制作や映像作品の完成をめざします。また、学内のホールでPA実習や照明実習を行い、その集大成として、卒業制作では、学科独自のホールイベントの企画、演出を行い、PA音声と照明でイベントを創り上げます。同時にステージの生の音を隣接するスタジオでレコーディングを行う総合実習を行います。

メッセージ

Senior's Message

思った通りの音ができた時は大きな感動と喜びがあります

工藤 佑夏さん

青森県 青森商業高校出身

音響だけでなく映像にも興味があったのですが、この学科でも映像の勉強ができると知って入学を決めました。好きなアーティストのコンサートや中学生の頃から聞いていたラジオなどを、音響という立場で支えるのが私の夢。授業では、音響卓を操作するサウンドミキシングや、実際に音を作るProToolsなど、実習の時間が楽しいです。また、舞台の授業は、巨大迷路の模型を作ったり、装置について学んだりと、さまざまな角度でステージを知ることができます。業界で働く先生も多いので、現場での経験談を聞くことができるのも授業の面白さの一つです。在学中の目標は、できるだけ多くの資格を取得すること。そして将来は、業界で一目置かれるような音響のプロになりたいです。

 

Teacher's Advice

「音」と「光」で自分を表現してください

岩間 宏博先生

「音響」と「照明」を通じて「自分の思い」を伝える。そういう人材が育ってほしいと思います。技術、知識だけではなく"知恵"も大切。物事をどう捉え、どう表現するか、それを学んでほしいです。スペシャリストをめざす方には、自分がどのような音楽やステージをつくりたいか、伝えたいか、行動で表現してみてください。

 

OB&OG INTERVIEW

株式会社ジーリンクスタジオ

技術部 MA

皆本 昴さん

山形県 山形南高校出身 〈平成27年度 音響制作科卒業〉

やってみれば道が開ける。興味があるなら踏み出して!

業界にパイプがあり、就職に有利だと思い東北電子に入学。在学中は、音響や放送、映像も学ぶ機会があり、入社してからその知識が役立っています。現在の仕事では、MAとして自分が携わった番組がオンエアされるのが嬉しいです。関わった番組の感想を友人などに言ってもらえるのは、とても嬉しいですね。少しでも早く一人前のミキサーになって、エンドクレジットに名前が載るようになることが今の目標です。これから学ぶ皆さんも、興味を持ったらまず一歩を踏み出してください!

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A