コンサートスタッフコース

コンサートスタッフコース

職業実践専門課程クリエイティブ分野/2年課程

音響制作科

コンサートスタッフコース

ステージを音と光で演出するコンサートスタッフをめざす

厚生労働省「舞台機構調整技能士」受験資格校

資格について

コンサートスタッフとして必要な技能修得をめざす

「舞台機構調整技能士」は、舞台音響技術者に直結する国家試験です。本学科では、厚生労働省の認定を受け、カリキュラムの中で学科試験と実技試験合格のために舞台技術の歴史、舞台の構造、舞台用語、舞台芸術、制作の流れ、現在の最新技術について学修します。合格に向けて実技対策授業を行うなど、資格取得をバックアップしています。

めざせる資格

  • 舞台機構調整技能士(実務経験免除)
  • サウンドレコーディング技術認定試験
  • 映像音響処理技術者
  • マルチメディア検定

めざせる職種

華やかな舞台を音と光で演出するスペシャリスト

コンサートやミュージカルなどは、華やかな舞台で各分野のスペシャリストが知恵を絞りあって作り上げる舞台芸術です。その芸術を音や照明の面からサポートしていくのがPAエンジニアと照明エンジニアです。PAエンジニアや照明エンジニアに求められるのは、音響、照明の専門技術のほかに幅広い舞台への知識が求められます。

  • PAエンジニア
  • コンサート照明
  • 音響システムエンジニア
  • 舞台美術

など

学びのステップ

1年次からコースに分かれて学習します。(一部共通学習有り)

1年次

音響・映像・照明を学びPAまで学修

コンテンツ制作に欠かせない音響、映像、照明技術や知識、電気基礎、音楽理論、サウンドミキシング、ProToolsを共通に学修します。同時にコンサートスタッフに必要な舞台機構調整技能士資格取得のための舞台基礎、PA音声基礎について講義と実習を通して学修します。
※PA(Public Address)とは、拡声装置を用いてたくさんの人に音声や演奏を聞かせること。

2年次

ステージ演出を音響と照明で具体化する

PA技術や舞台照明などの実践的な舞台制作技術を学修しながら、学内のホールのステージ上に楽器やマイクをセットしてミキサーへの接続を行い、スピーカーを組み上げ、ステージ音響実習を行います。また、照明実習ではステージ上に照明機材をセッティングし、演出や曲に合わせて照明の色や光をチェンジしてステージを盛り上げます。

メッセージ

Senior's Message

好きという気持ちを原動力に音楽ステージを支える技術を学びます

音に関する仕事、特に裏で支えることが好きで、コンサートスタッフコースに選びました。授業では音に関する専門的なことを広範に学ぶため、難しい用語などもありますが、しっかり理解できたときはやりがいを感じます。音響制作や表現に必要なサウンドミキシングでは、雑音を除いたり、音に広がりを持たせたりと、実際に機械に触れて経験を積むことができて楽しく学べています。まだまだ納得いくものはつくれませんが、少しずつ上手くなっていると感じています。先生方は親しみやすさもありながら、音楽のプロの方も多く、現場を経験している先輩として頼れる存在です。資格はマルチメディア検定を取得しました。卒業までに受けられる検定すべてにチャレンジしたいです。

佐藤 友紀
岩手県 花北青雲高校出身

Teacher's Advice

ステージから音響と照明で観る人に感動と思いを伝えてみませんか

「イベントスタッフとして会場を盛り上げたい」「コンサートスタッフとしてアーティストの音楽を盛り上げたい」「音と光で感動や思いを伝えたい」という夢を持つ人に最適のコースです。舞台を知り尽くし、表現しようとする音楽を理解し、光と色でステージを表現してみませんか。きっと、感動や思いは観る人に伝わります。

川村 武史先生

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A