Webクリエーター科

Webクリエーター科

職業実践専門課程クリエイティブ分野/2年課程・定員30名

Webクリエーター科

進化し続けるWebデザインをリードするクリエーターをめざせ!

新しいデバイス、新しい技術がとりまくWebデザイン業界において、現場で活躍できるデザインスキルとテクニックを修得し、即戦力となる人材を育成します。プロとして第一線で活躍するためのノウハウをひと通り学べるので、Webデザイナー、マークアップエンジニア、Webディレクターをめざす人に最適です。

Webクリエーター科について

1.Webコンテンツ制作用業界標準ソフトで現場を想定した技術を修得

Web業界必須ソフトウェア、Dreamweaver、Photoshop、illustratorのスキルを身に付け、作業の効率化をはかります。複数パターンのサイトを制作し上級レベルの技術修得をめざします。

2.Webサイトの設計技術を修得したWebデザイナーに!

Web制作のワークフローを学び、卒業制作では実在する企業を題材にWebサイトの企画・制作に挑みます。クライアントのニーズを理解し、事前調査からディレクション、制作ワークフローも経験することでWebデザイナーの実践力を養います。

3.スマートフォン対応サイトのデザイン力を身につけよう!

今ニーズが高いスマートフォンサイト。新たな知識・スキルとしてHTML5+CSS3の先端技術を修得し、スマートフォン、タブレット、PCサイトに向けWebサイトの設計・制作手法を学びます。

資格について

業界で通用する高いスキルと資格取得で幅広い知識をアピールしよう!

1年次はWebデザイナー検定のベーシックを、2年次ではエキスパート合格をめざします。Webデザイナー検定で実力を証明し業界へアピールしましょう。また、魅力的なWebサイト制作には色彩の能力や知識、コンピュータの基礎的な技術力や知識も必要です。関連する他の資格取得にも積極的にチャレンジしていきましょう。

めざせる資格

  • Webデザイナー検定
  • マルチメディア検定
  • 情報検定(J検)情報活用試験
  • 色彩士検定(カラーマスター)
  • ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

めざせる職種

Web業界から印刷業界まで広がる活躍の場

Webデザイナーやマークアップエンジニアとして活躍するWeb業界への就職が第一目標。ほかにも通販サイトやWebサイトを持つ企業でのWeb担当者、Web管理者としての活躍もめざせます。また、デザイン業界必須のソフトウェア技術を修得することで印刷業界へも活躍の場が広がります。

  • Webデザイナー
  • Webディレクター
  • マークアップエンジニア
  • 企業内Web担当者
  • Macオペレータ
  • 画像処理オペレータ
  • DTPデザイナー
  • 印刷オペレータ

など

学びのステップ

1年次

Webの基本スキルをマスターする

デザイン業界必須ソフトウェアのPhotoshopとIllustratorの技術を修得しながら、Webデザイナーとして必要なグラフィック力を、また、デザインのルール、レイアウトのセオリーを学び、デザイナーとしてのセンスを磨き、HTMLやCSSを駆使したWebサイトのコーディング力を身につけます。

2年次

PCサイトからスマートフォン対応サイトまでデザインする

マルチデバイス対応のWebサイト制作手法であるレスポンシブWebデザインの手法を学び、HTML5+CSS3でPCサイトからタブレットやスマートフォン対応サイトのコーディング力を身につけます。さらに、企画立案からプレゼンテーションまでWeb制作の一連の流れを学び、卒業制作に挑みます。

メッセージ

Senior's Message

具体的な課題に取り組みながら表現やデザインの奥深さを学べます

Webデザイナーをめざし入学しました。さまざまな表現方法を学べるWeb制作、デザインを考えるDTPデザインの授業が好きです。授業のたびにデザインのレパートリーが増えていくのが楽しいですね。企業のロゴや、パソコン教室のサイトづくりなどの課題では、使いやすさや色彩などを、クラスメートと一緒に考えたり、アドバイスし合いながら進め、自分なりに最大の表現ができた時は達成感がありました。Webデザイナー検定を取得、さらに他の資格取得のために勉強していますが、Tシャツや年賀状のデザインコンテストに応募するなど、デザイン力向上のための挑戦も続けています。Web制作会社への就職をめざし、さらに技術を身につけていきたいです。

田中 佳佑
青森県 大間高校出身

Teacher's Advice

コミュニケーション能力を身につけて!

Webデザイナーはホームページのデザインをする仕事です。依頼する側と見る側、つまりクライアントとユーザーのそれぞれの立場が重なった部分を作るのがデザイナーの役目。それにはコミュニケーション能力も大事ですね。趣旨を理解してデザインに取り入れる能力を一緒に磨いていきましょう。

熊谷 由美子先生

  • 学校見学会
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 電子パンフレット
  • 特待生・奨学金制度
  • デジタルコンテンツ
  • 募集要項
  • 学生寮