システムエンジニア科

システムエンジニア科

学科BLOG

システムエンジニア科女子座談会で、本音を聞き出してみました(その2)

2018年7月28日

システムエンジニア科は、1年生に3名、2年生に2名、3年生に2名の女子学生がいます。今回は2年生と3年生に集まってもらって、勉強のこと、就職のこと、資格のことなど、学校生活の本音を話していただきました。

システムエンジニア科女子座談会の第2回目です。
今回は、まずは、在学中の目標について教えてください。学生の目標としては資格取得とかでしょうか。

情報処理試験は、データベーススペシャリストに合格したので、秋は情報処理安全確保支援士を受験します。2年生の秋の試験では不合格だったので、今回は合格したいです。

ほかの3人は、基本情報技術者試験を受験する予定ですね。3人にアドバイスをお願いできますか?

情報処理技術者試験については、まずテキストを一周して、過去問題をざっと一通りやって、分からなかったり間違えたところを先生に解説してもらえばいいと思います。それでデータベーススペシャリストに合格できました。
家では全然勉強してないです。学校の対策授業でみっちり集中してやりました。就職活動の時期とかぶっていたので、春の試験の時期は家で勉強する余裕がありませんでした。

私も秋に基本情報技術者試験を受験予定ですが、その前にJavaプログラミング能力認定試験があります。3級を受験します。先生からは、過去問題を反復して勉強すれば大丈夫だと言われました。

Javaプログラミング能力認定試験は、3級も2級も、問題集を解いて、分からないところをつぶしていけば大丈夫だと思います。2年生で2級に合格したので、履歴書に書きました。履歴書に色々な資格を書いていくと、「いろいろなことができるようになった!」と自信になります。
2年生は、ほかにもベンダー試験が色々ありますね。前期だとJavaプログラミング能力認定試験とSEA/Jでしょうか。

2年生は後期になると、オラクルマスターやJava Bronzeなどの試験の対策も授業で始まってきますね。
では次に、卒業後の目標について教えてください。具体的には就職ですね。
2年生のお二人はまだ漠然とした感じですか?

東京に就職したいとか、IT関連の仕事につきたいとか、ちょっとは思っていますが、具体的にどうこう言うのは全然想像できていません。

東京に出るか、仙台に残るかを考えています。地元に帰るというのは考えていません。今考えているのはそのぐらいですね。

3年生は「うんうん」頷いてますが、去年の今頃はそんな感じでしたか?

私たちも同じでした。勤務地は仙台か関東圏か、迷ったというかどちらでもいいという感覚だったと思います。東京がいいと思っていた理由は、ITの会社がたくさんあるから、選択肢がたくさんあるので良いのではないかと思っていました。そんな中で、仙台でよい会社が見つかって、受かっちゃったので、よかったなぁと思いました。

私は東京の企業から内定を頂きました。
もともと東京でしか考えていなくて、本社が東京の会社ばかり見ていました。ずっと宮城県内にいたので、それ以外の場所へのあこがれのようなものがあったのかもしれませんが、県外に出るなら就職のタイミングだろうなと思ったのもあります。
学校の合同企業説明会で、「この会社好きかも!」って会社との出会いがあり、受けてみたら受かっちゃったって感じです。

具体的にどんな活動をしたか、教えてもらえますか?

就職に関する情報は、担任の先生だったり、就職センターだったりから、時期が来ればいろいろと教えてもらえるので、それに乗っかればいいと思います。
3月の合同企業説明会の前後に、学校で説明会をやるという情報が多く出てくるようになりました。学校の中で説明会をやってもらえる企業は全部話を聞きに行こうと思って、話を伺いました。「プログラマーはこんな仕事で、SEはこんな仕事で、」というようなことは色々教えてもらって、その中で自分のやりたいことが何なのかわかってきたのはあります。
説明会は多く参加したほうがいいと思います。

私も学内の説明会には全部参加しようと思っていたので、Rさんと一緒に参加することが多く、企業の情報など意見交換などしました。

それでは最後になりますが、将来後輩になるかもしれない高校生に、アドバイスやエールをお願いしたいのですが。

特に準備もなく、普通高校から入りましたが、特に困ることもないので、身構える必要はないと思います。
自分がやりたいと思ったんだったら、やりたいことをやるのが一番いいと思います。親の意見もあると思いますが、私の家は特に反対もされず、「やりたいことをやれ」って言う親だったので、今やりたいことをやれています。

特にやっておいたらいいということはないと思いますが、ITが好きかどうか、よく考えてみるのがいいと思います。
私はITの学科に入って、ITの企業に内定しましたが、ITの学校に入ったから、ITの就職をしなければならないわけではないので、興味があったらまずはやってみるといいのではないでしょうか。本当は、高校生の時に、本当にIT系の仕事をしていきたいって思えるのが一番なんでしょうけど、入学してちょっと向いていないと思っても、別の道も選択できるので。

私も、特に「何をやっておけば」って事はないです。勉強は入学すれば最初から始まるので、特に予習する必要もないし。
親に反対されている人がいれば、うまく親を説得してくださいってことじゃないでしょうか。私は親が応援してくれたので、特に問題なかったのですが。やりたいと思ったらやればいいと思います。

親がシステムエンジニアの仕事をしていて、それを昔から見ていて、そういう仕事につきたいと思っていました。
自分が決めた、やりたいことをするのがいいと思います。

ITの学科は女性が少ないことについてはどうですか?女性だからやりにくいとかはありますか?

クラスの男性に話しかけにくいっていうか、きっかけがないというか。先ほど3年生はチーム作業などできっかけが有るようだったんですが、2年生はあまりきっかけがないので。

3チーム作業が始まる前は、男子とあまり話す機会はなかったのですが、きっかけがなかっただけで、今は普通に話しています。2年生は女性の先生も授業で来てますよね。男性の先生に相談しにくいことがあったとしても相談できるかな、と思います。

保健室の先生も女性なので、いろいろ相談できると思います。

数少ない女子学生の皆さんなので、先生は仲良くしてほしいです。みたいな締め方でいいんでしょうか。
本日はありがとうございました。

最近の投稿

年別アーカイブ

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A