高度ITエンジニア科

高度ITエンジニア科

職業実践専門課程ITビジネス分野/高度専門士 4年課程・定員30名

高度ITエンジニア科

4年間で専門のIT技術を学び、ワンランク上の「高度専門士」を取得

大学では学べない、ワンランク上のデータベース技術や、ソフトウェア技術を修得し、各種資格試験にも幅広くチャレンジします。優れた実務能力と分析力、総合力を備えた高度IT技術者育成のカリキュラムを導入し、「学士」と同等の「高度専門士」という称号が与えられます。

オラクル・アカデミー参加/マイクロソフト IT Imagine Academyプログラム実施(MCP)/LPI-Japan アカデミック認定/SEA/Jアカデミー プログラム認定/インフォテリア XMLアカデミー実施/経済産業省「情報処理技術者試験」午前試験免除認定

高度ITエンジニア科について

1.世界が認めるトリプル資格取得

多数の企業でニーズの高い、「Linux技術者認定」「オクラル認定データベース技術者」「オラクル認定Javaプログラマ」のトリプル資格取得をめざします。社会人でも取得が難しいさまざまな資格にチャレンジします。

2.インターンシップ・PBL体験型授業で実践的なITスキルを修得

仮想プロジェクト学修を通じて業務遂行能力を育成し、提携先企業からの指導によるインターンシップでは体験型授業も積極的に行います。遂行能力・表現能力・組織運営能力の向上を図り、システムエンジニアとしての実務能力を身につけます。

3.情報処理技術者試験(基本情報)の午前試験免除

経済産業省の認定を受けており、授業への出席率などの一定条件を満たすと、基本情報技術者試験のうち午前試験が免除されます。

高度専門士について詳しくはこちらをご確認ください。

資格について

幅広いベンダー資格、スペシャリスト試験対応の万全なカリキュラム

システムを開発する場合、プログラミング技術だけではなく、総合的な能力が求められます。開発の中核となるシステムの構築とともに、セキュリティを意識した高度なプログラミング技術を学修し、データベース、ネットワーク、情報セキュリティなど多数のスペシャリスト試験合格者を輩出しています。

めざせる資格

  • オラクルマスター(オラクル認定技術者)
  • Java SE認定資格(旧OCJ-P)
  • LPIC(Linux技術者認定)
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • データベーススペシャリスト
  • 情報処理安全確保支援士
  • ITパスポート
  • 情報セキュリティマネジメント
  • SEA/J情報セキュリティ技術認定
  • 情報検定(J検)
     情報システム試験
     情報活用試験

めざせる職種

企業が求めているのはスキル&キャリアを持つIT技術者

充実した実習で技術を修得し、企業の即戦力になれる「システムエンジニア」をめざします。プロジェクトリーダとしての管理技法やコミュニケーション能力、多様なシステム開発に対応できるカリキュラムで学習。また、さらに高度な知識を希望する学生は、大学院への進学も可能。この学科を卒業する学生のみ「高度専門士」の称号が付与されます。

  • テクニカルエンジニア
  • システムエンジニア
  • プログラマ
  • アプリケーションエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア

など

学びのステップ

1年次

コンピュータの基礎技術とプログラミング能力の修得

コンピュータの基礎的な部分をしっかり学びます。プログラミングはC言語、データベースはAccessを通して操作・活用技術を学習し、ネットワークを使用するうえで大切なマナーや情報倫理も身につけます。資格は基本情報技術者試験、応用情報技術者試験などの合格をめざします。

2年次

Web関連分野のデザインも幅広く学び、ものづくりに挑む

1年次に学んだ基礎をさらに拡充させ、Web・Linux・データベースなど、関連分野にまたがる知識も修得。システム開発に必要な知識を身につけます。また、Oracle・Java SE認定資格・UML・SEA/Jなど、多数の資格取得もめざします。

3年次

1・2年次で学んだ知識を自分のものにして開発設計

システム開発・サーバ構築などのカリキュラムを通して、実践に近い体験型学修を繰り返します。インターンシップを通して、企業から提供される事例に基づきプロジェクトマネジメントをリアルな視点で学びます。開発の現場で求められる実践力と幅広い知識を兼ね備えた即戦力となる人材を育成します。

4年次

ヒューマンスキルの高い技術者、より高度な実践技術を学ぶ

チームを組んで小規模システムを構築し、企業との提携を通して実務的なシステム開発演習を行います。チーム開発を行うためのコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力といったエンジニアに問われるヒューマンスキルを修得。企業実習・卒業制作など自分たちで考え成し遂げる力を身につけます。

メッセージ

Senior's Message

企業と連携した授業に注力苦労がある分、やりがいも大きい!

1、2年次は国家資格取得に関する勉強を中心に行い、3年になると実習やインターンシップが増えてより実践的な授業になります。特に今行っている企業連携実習は、とてもやりがいのある授業で、実際の企業が必要とするシステムを構築します。システム構築に関する知識や技術は授業で学びましたが、企業の方と話をしてどんなシステムが欲しいのかを聞いたり途中経過を報告したりするのははじめて。模索しながら進んでいますが、企業の方から好評価をいただけると本当に嬉しいです。授業ではさまざまな資格を取得しましたが、今後は就職活動で特に差別化を図れる高度区分の資格、特に情報セキュリティスペシャリストを取得することが目標です。

佐藤 智裕
宮城県 古川高校出身

Teacher's Advice

実践力・統合力ある技術者をめざして

4年間で、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」を培います。プロジェクトを想定し、より実践的な学修を展開していくことで、社会人基礎力の高い技術者に必要な能力が身につきます。また、時間はたっぷりあるので、さまざまな資格に挑戦し、IT業界への就職に結びつけることができます。じっくり学びたい人に向いています。

星 孝先生

  • 学校見学会
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 電子パンフレット
  • 特待生・奨学金制度
  • デジタルコンテンツ
  • 募集要項
  • 学生寮