ゲームクリエーター科

ゲームクリエーター科

職業実践専門課程クリエイティブ分野/2年制・定員50名

ゲームクリエーター科

ゲーム制作をトータルに学び、即戦力となるゲームクリエーターに!

特定のジャンルやプラットフォームにとらわれず、自分のイメージを形にするための知識と技術を基礎から学びます。 社会人としてふさわしい素養を持った人材を育成するため、チームによるゲーム開発を実践的に行うことで、個人学習では身につかないコミュニケーション能力も身につけます。

Unreal Engine アカデミックパートナー/Unity教育実施校

ゲームクリエーター科について

1.「ゲーム開発専攻」と「ゲームCG専攻」から選択。基本技術を身に着けたうえで専門技術も習得。

CGやプログラムの基本、コンピューターの仕組みなど、ゲーム開発に必須の知識は全員身につけます。 その後、企画から制作まで一通り学習する「ゲーム開発専攻」と、イラストや3DCGなどを 学習する「ゲームCG専攻」から授業を選択し、将来に合わせた専門技術を習得します。

2.プロによる指導のもとで高度な技術を身につける

ターゲットを意識した企画の立て方や、チームの運営方法、CGやデッサンのテクニックなど、今の業界に必要な技術について、プロのゲームクリエーターから直接指導を受けることができます。

3.ゲームは1人じゃ作れない。チーム開発は貴重な経験

本校には、ゲーム企画やCG、プログラム、サウンドなど、様々な専門技術を学ぶ学科があります。この強みを活かし、クラスメイト以外にも色々な学生とチームを組んでゲーム制作を経験することができます。これにより、幅広い知識やコミュニケーション能力が身につきます。

資格について

身につけた知識を証明するため資格に挑戦

自分のアイデアを形にするためには専門的な知識やテクニックが必要不可欠です。その知識を証明するために1年次に各種資格の取得をめざします。資格対策がカリキュラム化され、毎年高い合格率を達成しています。

めざせる資格

  • ■CGエンジニア検定
  • ■色彩士検定(カラーマスター)

めざせる職種

幅広い知識を備えた人材は、あらゆる分野でニーズが高い

「プログラムが組めるプランナー」「チーム制作を経験したデザイナー」「企画から開発までできるプログラマー」など、専門分野以外の知識も幅広く身につけて就職活動に臨むことで、他の学生より一歩リードすることができます。もちろん専門分野に関してはプロのクリエーターから指導を受けて技術を磨き、希望職種の内定を勝ち取りましょう。

  • ゲームプランナー
  • ゲームプログラマー
  • シナリオライター
  • オンラインゲーム運営
  • 2D/3DCGデザイナー
  • イラストレーター
  • モーションデザイナー
  • エフェクトデザイナー

など

学びのステップ

1年次から、共通科目と専攻科目に分かれて学習します。

1年次

前期は共通科目をメインにゲーム制作の基本を学ぶ

ゲーム開発に必要な基礎技術を身につけ、ゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム制作を行います。前期は専攻を変えることができるので、将来のことをじっくり考えましょう。

後期から本格的に専攻を選ぶ

ゲーム開発専攻

企画から実装まで、一通りの技術を習得

アイデアの出し方や企画書の書き方、それを形にするためのプログラムの勉強をします。将来チームメンバーを引っ張っていける人材になることをめざし、幅広い知識を身に付けます。

ゲームCG専攻

CG制作における基礎を学ぶ

デッサンやキャラクターデザイン、3DCGにアニメーションと、ゲームグラフィッカーに必要な様々な技術の基礎を学習。何度も基本を繰り返すことで応用に必要な土台を作り上げていきます。

2年次

めざす職種を見据えて技術を高める

1年次に学習した基礎をもとに、実際のゲーム開発に通用する応用力を身につけていきます。有名3Dゲームでも活用されている「Unreal Engine」を使ったゲーム開発も行います。

ゲーム開発専攻

開発を円滑に進めるためのディレクション能力を身につける

開発スタッフに指示を出すための仕様書の作り方やスケジュール管理を習得。どんなスタッフにも的確に指示が出せるよう、プログラムや英語も学習します。

ゲームCG専攻

自分の強みを伸ばして即戦力を身につける

ポートフォリオ(就職用作品集)のクオリティを上げながら、仕様書形式の課題やチーム制作など実務に即した経験を積みます。発注された依頼をただこなすだけではなく、自分なりの提案ができるクリエーターをめざしましょう。

メッセージ

Senior's Message <ゲーム開発専攻>

いつかは世界で愛されるゲームを作ることが夢

加藤 右馬さん

宮城県 黒川高校出身

ゲームプランナーを志した僕の原点は、中学校のとき「ミニゲームが作れるエンジンソフト」で、作ったゲームを友だちにプレイさせた思い出。高校では電子工学科を専攻し「もっとプランニングを勉強したい」と本科を選びました。好きな授業は「ゲームエンジン」。考えたゲームが簡単なプログラムで形になる喜びがありますし、先生からアドバイスを頂きながら、難易度の高いゲームに挑戦できる醍醐味も味わえます。クラスメートはゲーム好き揃いなだけあり、共通の話題でいつも盛り上がります。いつかは言語を超え世界で愛されるゲームを作るのが夢です。

 

Senior's Message <ゲームCG専攻>

「ゲーム」と「デザイン」好きなものを一度に学ぶ喜び

富野 葵さん

青森県 三本木農業高校出身

高校は農業系で、デザインとは縁のない学科でした。しかし授業で樹木を描いたりする中でデザインに興味が湧き、いつしか「CGを勉強したい」と思うように。また、もともとアクション系のゲームが好きだったこともあり「好きなもの同士を一緒に学べる!」と、本学科を選びました。授業ではチームでゲーム制作をするんですが、お互いに意見を出し合って、それがうまくいけば称え合う、最もやりがいを感じるひとときです。将来はかっこいいモーションを作り、世界に発信していくのが夢。そのために自慢のデッサン力をもっと磨いていきたいです。

 

Teacher's Advice

未知なる可能性を信じよう!

遠藤 航先生

「オリジナルのゲームやキャラクターを作りたい!」その夢を実現させることが我々の仕事だと思っています。誰にも負けない作品を作るためには、並大抵ではない努力が必要です。しかし、自分の作品が注目され、人に感動を与えられたときは、他では味わえない達成感を得ることができます。たくさんの引き出しに知識をどんどん取り込んで、業界に新しい風を吹き込むクリエーターをめざしましょう。

 

OB&OG INTERVIEW

株式会社トーセ

プランナー

髙舘 良典さん

青森県 三沢商業高校出身
〈平成20年度 ゲームソフトクリエーター科(現・ゲームクリエーター科)卒業〉

夢に近づくためには、やりたいことを明確化しよう

ゲームソフトやモバイルアプリなどのコンテンツを開発する憧れの企業に入社し、学生時代遊んでいたゲームの関連タイトルの作成に携われた時は、大きな喜びを感じました。皆さんも夢を叶えるためには、具体的な将来像をイメージして、その自分になる為に何が必要なのか考えてみてください。例えば企画職と言っても、管理者か作業者かで求められるものは違います。やりたいことを明確化し、目標を立てることでモチベーションも上がり、自分に必要なスキルを磨くことができると思います。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A