映像放送科

映像放送科

職業実践専門課程クリエイティブ分野/2年制・定員20名

映像放送科

映像、放送、メディアを多角的に学び専門知識を修得、マルチスタッフをめざす

制作現場の責任者である"ディレクター"、あらゆるメディアに精通した表現力豊かな"カメラマン"、"映像編集"、"テレビ照明"、"テレビ音声"、コンピュータグラフィックスやネット動画配信を視野に入れた"映像クリエーター"を育成します。

第一級陸上特殊無線技士(卒業時に取得)

映像放送科について

1."即戦力"となるディレクター、カメラマン、エディター、ミキサー、テレビ放送エンジニアをめざす

ディレクターは創造する過程での責任者、テクニカルディレクターは創作活動とエレクトロニクスの専門技術者であり、責任者です。その他、表現力豊かな"カメラマン"、"映像エディター"、"ライティングディレクタ"、"ミキサー"など、即戦力を持ったプロフェッショナルを育成します。また、デジタル放送を担う放送エンジニアを育成します。

2.コンピュータグラフィックス・ネット動画配信を視野に入れた映像クリエーターをめざす

自由な発想や綿密に創りあげられた映像コンテンツがネットワークを駆け巡り、コンピュータグラフィックスが創造空間を広げてくれる現代、"表現は無限大"、そんな世界で活躍できる映像クリエーターを育成します。

3.放送局、ケーブルテレビ、業界企業と連携したインターンシップで実践力をアップ

放送局、ケーブルテレビ、業界企業と連携して、インターンシップなどを体験し、授業で学んだ技術と知識を実際の現場で確認しながら実践力をアップし希望職種を明確にします。

資格について

テレビ中継現場から放送する時に必要な無線従事者免許取得をめざす

「映像音響処理技術者」は、映像や音を編集・加工する制作会社(ポストプロダクション)の就職には有利な資格です。「第一級陸上特殊無線技士」は、ニュース報道で中継現場から放送する時に必要な無線従事者免許資格で、2年間の成果として卒業時に取得可能です。

めざせる資格

  • ■第一級陸上特殊無線技士(卒業時に取得)
  • ■映像音響処理技術者
  • ■マルチメディア検定

めざせる職種

活躍の場はポストプロダクション、放送局、ネット動画配信業界

ポストプロダクションや放送局に所属し、番組制作やCM制作の演出、撮影、音響、照明、編集に携わる業界への就職が第一目標です。その他にも番組中継現場や番組送出業務、番組制作のアシスタントディレクターから番組ディレクターをめざします。また、ネット動画配信を見据えたコンテンツ制作の担い手となる映像クリエーターをめざします。

  • ディレクター
  • カメラマン
  • ミキサー
  • ライティングディレクター
  • テクニカルディレクター
  • テレビ中継スタッフ
  • 映像エディター
  • 映像クリエーター

など

学びのステップ

1年次

テレビメディアにおける映像・照明・編集技術、さらに音響技術を学ぶ 

映像の基本的な表現方法とシステムの扱い方、テレビメディアにおける映像・照明・編集方法などの技術を学修。また、デジタル映像制作に欠かせないアプリケーションソフトの基本操作を学修します。さらに放送に必要な技術の基礎となる電気工学を学びます。この授業は第一級陸上特殊無線技士の資格取得に直結しています。

2年次

実習でディレクションスキルとテクニカルスキルを身につける  

スタジオ番組制作実習やロケーション番組制作実習では、ドローン操作を含めた撮影、照明、編集、音入れまで現場と同様に展開、同時に演出、技術、出演者の関わりを学びます。また、豊富な校外実習により、社会に出て即戦力となる素養を培います。さらに、無線従事者に必要な通信工学を学修します。

メッセージ

Senior's Message

いつか脚本も手がける映画監督として活躍を!

杣林 翔馬さん

宮城県 涌谷高校出身

中学生のときに見た三池崇史監督の映画で、そのぶっ飛んだ映像に「こんなの作ってもいいんだ!」と衝撃を受けて以来、映画監督になるのが夢です。本学科では、意外に座学が多いことに驚くかもしれません。電気工学や通信工学など結構理系の授業が多いんですよ。撮影した映像に対して編集や画像処理、色調加工などを行います。これまで何本か自主映画を撮りましたが、セリフをスマートにまとめるのが苦手。脚本も書きたいし、カメラワークも自分でやってみたい。それに舞台演出にも興味が出てきました。本校ではさまざまな領域に挑戦するための、力を身につけたいと思っています。

 

Teacher's Advice

言葉と映像で自分を表現してください

八巻 吉市先生

映像を通じて自分の思いを伝える。そういう人材が育ってほしいと思います。技術、知識だけではなく"知恵"も大切。物事をどう捉え、どう表現するか、それを学んでほしいです。ディレクターをめざす方には、自分がどのような映像作品をつくりたいか、伝えたいか行動で表現してみてください。

 

OB&OG INTERVIEW

Avalon Pictures

ディレクター/エディター

岡島 龍介さん

宮城県 仙台育英学園高校出身
〈平成13年度 デジタル映像放送科(現・映像放送科)卒業〉

大衆心理を読み解くのが面白い。
ドキュメンタリー作品を撮りたい。

学生時代は、作品へかける熱量が同じくらいの仲間と作品を作ることができて楽しかった。カリキュラムだけではなく、自分で企画を立て友達と作品をどんどん作り数をこなすことが大事。学校以外の人たち(モデルをしている人、音楽をしている人など)と繋がって作品を作るといいですよ。外国での作品も同じように声をかけて集まった方たちと作品作りをしていました。その繋がりは今でも続いていて、現在の仕事にも繋がっています。作った作品を多くの人に見てもらいたいですね。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A