AIテクノロジーエンジニア科

AIテクノロジーエンジニア科

職業実践専門課程IT・AI分野/3年制・定員20名

AIテクノロジーエンジニア科

完全自動運転・ロボットなどさまざまな分野で脚光を浴びるAI技術

超スマート社会の実現に向け、企業等の課題を理解し、必要かつ適切なAIの導入・実装を行い新たな価値を創造できる人材の活躍が期待されています。本学科では、IoT・ロボット・自動車などのキーワードを通して、現場で活躍できるプロフェッショナルなAI人材を輩出します。

みやぎカーインテリジェント人材育成センター コンソーシアムメンバー校/TOPPERSプロジェクト特別会員/経済産業省「情報処理技術者試験」午前試験免除認定

AIテクノロジーエンジニア科について

1.AIを作成して様々な機器に搭載する

現在、AIはロボットや自動車など様々な機器に搭載され、高品質で便利な製品が開発されています。そのAI開発技術をPythonによるAIプログラム作成から学習用データを作成してAIに学習させて実際に活用するところまで基本から習得します。

2.今注目されているIoT技術もマスター

飛躍的に発達した技術の代表として5Gがあります。この5Gにより、人・車・建物・インフラなどがネットワークとつながり町全体が一つのシステムになる実験が始まりました。IoTはそのようなシステムを構築する時に必須の技術となっています。この近未来のシステムを担う技術を習得します。

3.情報処理技術者試験(基本情報)の午前試験免除

経済産業省の認定を受けており、授業への出席率などの一定条件を満たすと、基本情報技術者試験のうち午前試験が免除されます。

資格について

幅広い専門技術資格にチャレンジ!

AIの検定であるジェネラリスト検定(日本ディープラーニング協会)、組込みソフトウェア技術者(ETEC)、画像処理技術の画像処理エンジニア検定(CG-ARTS協会)、情報処理の基礎である情報検定など、幅広く専門技術の資格に挑戦できます。

めざせる資格

  • ■ AI検定
  • ■ ジェネラリスト検定(G検定)
  • ■ ETEC(組込みソフトウェア技術者)
  • ■ 画像処理エンジニア検定
  • ■ エネルギーマネジメントアドバイザー
  • ■ 基本情報技術者
  • ■ 情報セキュリティマネジメント
  • ■ 応用情報技術者
  • ■ 情報検定(J検)
     情報システム試験
     情報活用試験

めざせる職種

AI技術を様々な分野で活用できるエンジニア

AIは大量のデータ解析をして新たなサービスを構築したり、ゲームや様々な製品に組込むなど、幅広い分野でAIを活用したい業界があるのに対してAI技術を身に付けた人材は圧倒的に不足しているのが現状です。AIそのものを開発する技術者だけではなく、そのAIを活用できるエンジニアは、IT関連企業以外でも幅広い分野での活躍が期待されます。

  • AIエンジニア
  • 組込みシステム開発技術者
  • システムエンジニア
  • プログラマ
  • IoT技術者
  • 電子回路設計技術者
  • 制御系オペレータ

など

学びのステップ

1年次

共通カリキュラムでAI技術とコンピュータの基礎を学ぶ

AI・ハードウェア・ソフトウェア・アルゴリズムなどを基礎から学びます。また、「基本情報技術者試験」については、校内で行われる修了試験に合格すると午前試験が免除となります。さらに直前対策授業や全校統一模試など、多角的に弱点を分析し、情報処理技術者試験対策は万全です。

2年次

AIを活用できるための知識と技術を学ぶ

AIを様々な機器に組込めるように、ハードとAIソフトのつながりを幅広く学びます。さらに、ディープラーニングなどの機械学習技法や学習データ作成法などのAAI技術の学修やAI技術とよく組合わせて使用されるIoT技術をマイコンを使用した実習を通して学修して、AIを活用できるための技術を学びます。

3年次

実際にAIを機器に組込める実践的技術をマスター

Google社のAI用ライブラリであるTensorFlowなどを活用して画像解析による機械制御などができるAIシステムを構築できる技術を学修し、応用としてドローンなどの機器にAIを組込む事をめざします。さらに、3年間で身につけた知識・技術を活かし、卒業研究として学習成果をプレゼンテーションで発表します。

※2021年度のシラバスです。

メッセージ

Senior's Message

AI技術と自動車組込み技術
興味のある分野を合わせて学べます

関口 青竜さん

秋田県 大曲工業高校出身

好きな授業は、AI応用システム。AIに画像判別を行わせる実習です。今取り組んでいるのは、AIとじゃんけんができるプログラムの製作で、グー、チョキ、パーそれぞれ1000枚の画像をAIに学習させ、コンピュータに表示させてじゃんけんができるようにしました。また別の授業では、花壇自動車大学校に行き、自動車エンジンの分解・組立を体験。教科書を見るよりも実際に体験した方が分かりやすく、とても楽しかったです。こうした幅広い学びを活かし、将来は自動車の組込みソフトウェアの開発や、AIを用いた画像認識技術に携わるのが目標です。

 

Teacher's Advice

さまざまな分野で役立つ技術が身につきます!

坂藤 健先生

この学科は、高度なシステムとしてコンピュータに知能を持たせ、幅広い分野に応用できる技術を身につけられます。AI・IoTの基本から応用まで幅広く学べるのが本学科のメリット。ソフト・ハードの知識からAI活用技術まで、いろいろなノウハウが吸収できます。きっと夢中になって学べると思います。

 

OB&OG INTERVIEW

アイシン・ソフトウェア株式会社

制御ソフトウェア開発エンジニア

鈴木 興大さん

宮城県出身
〈2016年度 組込みエンジニア科(現・AIテクノロジーエンジニア科 )卒業
2017年4月 アイシン・コムクルーズ株式会社入社
2019年10月 経営統合により「アイシン・ソフトウェア株式会社」へ社名変更

事故を起こさない安心・安全な自動車づくりに貢献したい

家電や自動車など、身近なものを制御するコンピューターの勉強をしたいと思い進学しました。在学中は、元エンジニアで経験豊富な先生方による実践的な授業を受けることができ、楽しみながら学ぶことができました。現在は最先端のマイコン向けに国際規格に沿った基幹ソフトを開発するという、大変ながらもやりがいのある業務に携わっており、日々充実しています。授業を大切にする!ということがエンジニアへの近道だと思います。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A