サイバーセキュリティ科

サイバーセキュリティ科

職業実践専門課程IT・AI分野/3年制・定員30名

サイバーセキュリティ科

サイバーセキュリティアナリストとしてのキャリアをめざす為の第一歩!

セキュリティ人材は、質的にも量的にも圧倒的に不足しており、人材育成は喫緊の課題といわれ、日本のみならず世界中において最重要課題のひとつです。本学科ではサイバーセキュリティの基本原則、基礎知識、コアスキル、セキュリティアナリストのタスク、任務、責務に必要な知識とスキルを身につけます。

SEA/Jアカデミープログラム認定/LPI-Japanアカデミック認定/シスコ・ネットワーキングアカデミー・プログラム実施/CompTIA Authorized Academy/経済産業省「情報処理技術者試験」午前試験免除認定

サイバーセキュリティ科について

1.複雑化/高度化するサイバー脅威分析とインシデント対応

サイバーセキュリティ対策を、シスコ・ネットワーキングアカデミー・プログラムが実施する「CCNA Cyber Ops」認定プログラムを受講することで体系的に学びます。「CCNA Cyber Ops」は、セキュリティオペレーションセンターでの職務に必要とされる知識とスキルに関して、アソシエイトレベルを認定するサイバーセキュリティのIT資格です。

2.Linuxをマスターし、仮想化、セキュリティ関連のオープンソースソフトウェアを活用

Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアは、企業や行政機関、地方自治体などの部門システムから基幹システムにいたるまで、様々な領域に適用範囲が拡大しています。Linuxをマスターすることで、ネットワーク・サーバの仮想化、セキュリティログの収集・分析・可視化等のオープンソースウェアの活用スキルを習得します。

3.情報処理技術者試験 (基本情報)の午前試験免除

経済産業省の認定を受けており、授業への出席率などの一定条件を満たすと、基本情報技術者試験のうち午前試験が免除されます。

資格について

ネットワーク・セキュリティ関連のさまざまな資格にチャレンジ!

本校が情報教育において長年培ってきた確かな指導ノウハウで、ネットワーク・セキュリティ関連のさまざまな資格の出題傾向を授業で完全フォロー。情報セキュリティマネジメントはもちろん情報処理安全確保士、ネットワークスペシャリストもターゲット。企業での評価が高いシスコ技術者認定試験、SEA/J認定試験などのベンダー資格も在学中の取得が可能です。

めざせる資格

  • ■基本情報技術者
  • ■情報セキュリティマネジメント
  • ■ITパスポート
  • ■ネットワークスペシャリスト
  • ■情報処理安全確保支援士
  • ■CompTIA IT Fundamentals
  • ■CCNA Routing and Switching(シスコ技術者認定)
  • ■CCENT(シスコ技術者認定)
  • ■情報検定(J検)
      情報システム試験
      情報活用試験
  • ■SEA/J情報セキュリティ技術認定

めざせる職種

IoT、ICT、ビッグデータ、AIを支えるインフラ・セキュリティ

ネットワーク、サーバ、セキュリティを担当するエンジニアは、ITインフラソリューション事業やシステムインテグレータ業界、企業のインフラ管理部門など、選択のフィールドが広く就職に有利。そしてセキュリティでは、インシデント(ウイルス感染、不正アクセス、情報漏えい、アカウントなりすまし、Webサイトの改ざん、迷惑メール送信、サイバー攻撃等)への対策として、顧客や自組織を対象としたSOC(セキュリティオペレーションセンター)やCSIRT(インシデント対応組織)のセキュリティ管理部門など、あらゆるインフラ・セキュリティ業界での活躍が約束されています。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバエンジニア
  • インフラエンジニア
  • セキュリティアナリスト
  • セキュリティエンジニア

など

学びのステップ

1年次

共通カリキュラムでITの基礎から学ぶ

ハードウェア・ソフトウェア・アルゴリズムなどを基礎から学びます。また、「基本情報技術者試験」については経済産業省から午前試験免除認定を受けているため、校内で行われる修了試験に合格すると、基本情報の午前試験が免除となります。さらに直前対策授業や全校統一模試で、多角的に弱点を分析し、試験対策は万全です。

2年次

ネットワーク構築と情報セキュリティを学ぶ

シスコシステムズ社が提供するシスコネットワーキングアカデミーのCCNA Routing & Switchingカリキュラム(ネットワークの構築・管理・運用に必要とされるルーティング・スイッチングの設定・検証等)とSEA/J(Security Education Alliance / Japan)が提供するSEA/JアカデミーカリキュラムのSEA/J基礎・応用コース(情報セキュリティの対策計画を立て、リスク分析に基づいた適切なセキュリティ対策の実施・提案)を学び、シスコ技術者認定資格とSEA/J情報セキュリティ技術認定資格にチャレンジします。

3年次

仮想化環境を利用し、サイバーセキュリティ対策を学ぶ

ICTインフラ構築における仮想化技術、認証連携技術、アカウント管理技術、そして、シスコシステム社が提供するシスコネットワーキングアカデミーのCCNA Cybersecurity Operationsカリキュラムで、サイバー空間における事件や事故が発生した場合の対策手段(インシデントレスポンス)について学びます。そして、協働学習として、ネットワーク構築・セキュリティ対策スキルを競う学内コンテストを主催し、企画・運営することで社会人基礎力も高めます。

※2019年度のシラバスです。

メッセージ

Senior's Message

インターネット犯罪の抑止に貢献できる技術を学びます

市野 絢女さん

山形県 米沢商業高校出身

高校が情報ビジネス科だったのでパソコンには慣れていましたが、サイバー攻撃などインターネット犯罪の話を聞くたび、セキュリティについて専門的に学びたいという思いが強くなりました。授業では、ネットワークやサーバの構築、セキュリティの基礎などを学ぶほか、基本情報技術者試験やシスコ技術者認定試験の資格に向けた勉強ができます。セキュリティの応用ではインシデント調査をする授業も楽しいです。仮想環境下で実際に攻撃してみたり、Webアプリケーションを安全にする対策をしたりと、座学で学んだことを実習で確かめられるので達成感も得られます。

 

Teacher's Advice

社会インフラとしてのネットワークを支え、セキュリティを高め、より安心・安全な環境を提供!

竹村 健司先生

ICT環境のインフラを支える仮想化技術、情報セキュリティ、障害対応等を学び、サーバ、ストレージ、ネットワークの設計・構築・運用・保守が出来るエンジニアの育成をカリキュラムの柱にしています。そして、インシデント発生の抑止、インシデント発生時の被害最小化を目的としたSOC/CSIRT部門にも対応出来る人材育成に力を入れており、知識や機能の面ばかりではなく、実務を意識した演習・実習を重要視しています。

 

OB&OG INTERVIEW

東北インフォメーション・システムズ株式会社

佐藤 千春さん

宮城県 大河原商業高校出身 〈平成25年度 ネットワークセキュリティ科卒業〉

自分が作った業務システムが動いていると感動します

在学中、実際にネットワークを構築することで、知識や技術が身に付きました。現在は学校で学んだインフラ(サーバやネットワーク)の知識を活かせています。パソコン端末の構築と運用の業務を行っていますが、障害が発生した時などは、社内の別部署と連携して復旧対応を行うため、担当業務にとどまらないマルチスキルの必要性を実感しています。将来は、お客様から「あなたがいれば任せられる」と信頼されるシステムエンジニアをめざし、日々勉強中です。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A