AIシステムエンジニア科

AIシステムエンジニア科

職業実践専門課程IT・AI分野/3年制・定員40名

AIシステムエンジニア科

情報システム開発とAIのプロフェッショナルになる!

AIやビッグデータ、IoTなど新しいテクノロジーによって、どんどん大規模で複雑になってきた情報システム開発。本学科は、システム開発の技術を習得しながら、AIの技術にも対応できるエンジニアを養成する3年制。データベース、インターネット関連技術に関する学習も充実しています。
情報処理技術者試験はもとより、IT業界で最もニーズの高いオラクルマスターや、Javaプログラマ認定資格の取得が可能です。

オラクル・アカデミー参加/マイクロソフト IT Imagine Academyプログラム実施(MCP)/経済産業省「情報処理技術者試験」午前試験免除認定

AIシステムエンジニア科について

1.日々進化するAI技術に対応したカリキュラム

AIは多くのITサービスに組み込まれ、より便利なサービスが提供され続けています。1年生からAIの基礎を学び、3年生でAIを活用したアプリケーションソフトウェアの開発ができるエンジニアをめざします。

2.情報システム開発に必要な知識も学習

多くの企業で導入されている様々な情報システムの構築も学習できます。大規模データベースやプログラミングについて、基礎からシステム構築まで学習します。

3.情報処理技術者試験 (基本情報)の午前試験免除

経済産業省の認定を受けており、授業への出席率などの一定条件を満たすと、基本情報技術者試験のうち午前試験が免除されます。

資格について

出題傾向をおさえた万全の合格カリキュラム

日進月歩で進化するシステム開発の設計手法。それに伴い多様化する情報処理技術者試験の出題傾向を授業で完全フォロー。基本情報技術者はもちろん、応用情報技術者もターゲット。企業での評価が高いオラクルマスターやJavaSE認定資格などのベンダー資格も、在学中の取得が可能です。

めざせる資格

  • ■基本情報技術者
  • ■情報セキュリティマネジメント
  • ■応用情報技術者
  • ■データベーススペシャリスト
  • ■ITパスポート
  • ■情報検定(J検)
      情報システム試験
      情報活用試験
  • ■オラクルマスター(オラクル認定技術者)
  • ■Java SE認定資格(旧OCJ-P)
  • ■JavaTMプログラミング能力認定試験
  • ■ジェネラリスト検定(G検定)
  • ■IoT検定
  • ■画像処理エンジニア検定

めざせる職種

AI・情報システム構築を担う技術者として活躍

より幅広く、最新の情報処理技術を学べるのが3年制のポイント。カリキュラムでは、AI、プログラミング技術、システム設計、データベース構築を中心に学習。将来情報システム構築の中核として活躍できる人材を育成します。

  • AIエンジニア
  • システムエンジニア
  • データベースエンジニア
  • IoTシステムエンジニア
  • データサイエンティスト
  • プログラマ

など

学びのステップ

1年次

共通カリキュラムでコンピュータの基礎から学ぶ

AI・ハードウェア・ソフトウェア・アルゴリズムなどを基礎から学びます。また、「基本情報技術者試験」については、校内で行われる修了試験に合格すると午前試験が免除となります。さらに直前対策授業や全校統一模試など、多角的に弱点を分析し、情報処理技術者試験対策は万全です。

2年次

演習と実習でより専門的に知識を修得

ディープラーニングなどのAI技術を学習するとともに、プログラミング言語(JavaやPython)やデータベースについても深く学習します。さらに、オラクルマスターなどのベンダー資格の合格をめざします。

3年次

卒業研究で3年間の学習成果を見せよう

AIを活用したアプリケーション開発についてさらに深く学びます。システム設計や業界標準ツールの使い方も学習します。卒業研究では、テーマを学生自身が設定し、企画・設計・プログラミング・テスト・プレゼンテーションなどを進めます。

メッセージ

Senior's Message

卒業後はITの先端技術に触れながらレベルアップしたい

阿部 凪沙さん

秋田県 能代松陽高校出身

小学生のとき、システムエンジニアをしている親の職場に行き興味を持ったのが始まり。高校では情報系のコースに進み、もっと深い知識をじっくりと身につけたくてここに入学しました。1年次は基本情報技術者試験に向けてITの基礎を幅広く学び、2年次には実習で学ぶ時間が増え、実際にデータベースを構築して出来上がっていく様子に面白さを感じています。3年次はグループワークが中心になるので今から楽しみです。卒業後はITの中でもプログラムを組むエンジニアになりたいので、在学中に応用情報技術者試験やオラクルの資格を取りたいです。

 

Teacher's Advice

AI技術とIT技術で、世の中はもっと便利になります

吉澤 毅先生

スマートフォンやAIスピーカーなど、急速に生活の一部に入って生きているAIの技術。これらは、既存のIT技術にAIを組み込み、より便利で使いやすいものにしたものです。AIシステムエンジニア科は、AIを「より身近に」「より生活を便利に」するために、AIと既存のIT技術の両方を学習する学科です。学習範囲は広いですが、勉強が進むほど色々な可能性が見えてくると思います。

 

OB&OG INTERVIEW

東邦情報システム株式会社

システムエンジニア

小笠原 祥仁さん

青森県 八戸工業高校出身 〈平成26年度 システムエンジニア科卒業〉

即戦力として、会社から期待される存在に!

在学中の思い出は、情報処理技術者試験の合格をめざして友人と切磋琢磨したこと。おかげで応用情報技術者試験にも合格し、有意義な学生生活を送ることができました。現在は、グループ会社である東邦銀行のシステム開発に携わっています。在学中に学んだことが、入社してからの自分の「武器」として活かすことができており、企業側からも即戦力として期待されています。これからITを学ぶ皆さんも、信頼される社会人になるために目標に向かって努力を続けてほしいと思います。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A