建築大工技能科

建築大工技能科

職業実践専門課程建築・工学分野/2年制・定員20名

建築大工技能科

大工の技能は一生の宝、技術職をめざそう!!

「匠」=使い手の生活を思いやり、材料や構造も理解して創造される設計、加えて大工技能の技、これらをあわせ持つ技術者。住宅建築の仕事に必要な理論と、大工技能を基礎からじっくりと学び、「知識」+「技」を身につけた「匠」の育成が目標です。住宅技術者の信頼のあかし「二級建築士」は卒業と同時に受験可能。

国土交通大臣指定「二級建築士」指定科目履修学科/国土交通大臣指定「木造建築士」指定科目履修学科/国土交通大臣認定「2級建築施工管理技士」受験資格認定/厚生労働大臣指定「建築大工技能検定」指定学科

建築大工技能科について

1.住宅を自分で「設計」から「造れる」大工職

日本家屋は地元の木材を使い地域の文化を育んできました。大工は材料の特性を理解し、100年後を見すえて匠の技を磨きました。建築技能実習でその技と心を学び、本物の住宅を作れる技術者をめざします。

2.次世代の大工になるために学ぶ

地震に強い丈夫な家は、壁や金物の計算理論と、基準通りに作る技術の両方が必要になります。暖かい家は、断熱性能の理論と、断熱材に加え気密工事で結露を防ぐ最新の工法を身につける必要があります。これらの理論を学び、技術を身につけた 「いつまでも、丈夫で暖かい家」 を作れる大工をめざします。

3.技術と知識を修得し、二級建築士と木造建築士も受験可能

本学科は二級建築士試験と木造建築士試験の受験が可能な国土交通大臣指定科目履修学科です。技術に裏付けられた確かな知識を身につけ、信頼される住宅建築のプロをめざします。また、現場監督に必要な国家試験の2級建築施工管理技士補を在学中に受験します。

資格について

二級建築士、2級建築施工管理技士、建築大工技能士のトリプル資格

「二級建築士」は設計士に必要な国家免許。「2級建築施工管理技士」は現場管督に必要な国家試験「2級建築施工管理技術検定」の合格者に与えられる称号。「建築大工技能士」は技能の修得レベルを評価する国家資格。住宅建築に必要なこの3つを持ったエキスパートをめざします。

めざせる資格

  • ■ 一級建築士(登録には二級建築士取得後実務経験4年以上)
  • ■ 二級建築士(登録には実務経験1年以上)
  • ■ 木造建築士(登録には実務経験1年以上)
  • ■ 2級建築施工管理技士(実務経験2年以上)
  • ■ 2級建築施工管理技士補
  • ■ 建築大工技能士(2級3級を在学中に受験可能)
  • ■ 労働安全衛生法による技能講習修了

めざせる職種

大工の心を持った建築士、設計の価値のわかる大工で本物の住宅建築を

住宅建築は住まい手の一生の夢を形にする大事な仕事です。さらに、住宅を地元の木材を使って作りたいという需要も増えています。しかし、建築の現場を担う技能職は高齢化が進み、将来を担う若手が大変不足しています。これらに応えられる本物の住宅建築を作れる大工の心を持った建築士と、設計の価値のわかる大工が今、求められています。

  • 大工
  • 技能職
  • 設計士
  • 建築施工管理技士

など

学びのステップ

1年次

住宅建築の基礎知識を学び、製図・大工技能の基礎を固める

木造住宅の構造(しくみ)と、設計に必要な基礎知識をじっくりと学びます。技能実習では本物の材料で実物大の木造モデルを1年間で建築していきます。また、建築基礎製図で図面の引き方・読み方を修得します。さらに、建築物や工事現場の見学で建築の魅力を発見し、自己の可能性を見つけます。

2年次

住宅設計課題と木造モデル実習で大工技術の実践力をみがく

具体的な住宅の設計手法を、住宅計画の理論と建築設計製図の実習と連動しながら実践的に学びます。また、実務で必要となるCAD操作法も修得。建築材料・生産・法規も学び実践力を高めます。技能実習では新たな木造モデルを建築し経験を重ねます。図面から始まる住宅建築のプロセスの一通りを学びます。

※2021年度のシラバスです。

メッセージ

Senior's Message

大工である父の背中を追って安心安全に過ごせる家を作りたい

橋本 和紀さん

宮城県 気仙沼向洋高校出身

一級建築士の資格を持ち大工として活躍する父を見て、いつか同じ仕事がしたいと思い本学科に入学しました。父の影響で家作りの流れはある程度知っていたものの、ノミやノコギリなど大工道具を使う実習では力のかけ方、バランスの取り方など体で覚える初めての学びが多いです。週に2回の実習棟での実習が授業の中心ですが、製図やCADの授業で、実習棟で建てている家の図面を引くので、家の構造も深く理解できるカリキュラムだと感じています。在学中に建築施工管理技士などの学科試験に合格し、将来的には父と同じ一級建築士を取得し、家作りに携わりたいです。

 

Teacher's Advice

住宅は一生の夢、それをたくせる技術者になろう

伊藤 功啓先生

住宅を作るためには住宅に関する全般的な知識をもった設計士と、確かな技術を持った大工の両輪が必要です。また一生に一度の夢を実現させる仕事ですから、お客様の家族を思いやる人間性も欠かせません。技術に裏打ちされた確かな人間性を持ち、信頼される技術者になりましょう。地元で工務店を持つ夢を応援します。

 

OB&OG INTERVIEW

有限会社栗駒建業

大工

小林 寛和さん

青森県 青森北高校出身〈2018年度 建築大工技能科卒業〉
2019年4月 有限会社栗駒建業入社

専門学校で学んだことは、自分の力になります

今の会社に就職して2年目、優しい先輩に囲まれて、多くのことを教わりながら大工として日々腕を磨いています。東北電子の建設大工技能科で学んだ知識や技能は基礎的なことかもしれませんが、その多くは、実際の現場ですぐに役に立つことばかりです。大工の道を選んだ自分にとって、学校でしっかりと基礎を学んだことは自分の力となりました。いつかは大きな仕事を任される職人となり、そして棟梁と呼ばれることを目標にこれからも頑張ってまいります。ちなみに、私の趣味はキャンプと彫刻。どちらも大工の経験や技術を活かすことができるので楽しいです。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A