CAD設計コース

CAD設計コース

職業実践専門課程建築・工学分野/2年制

建築科

CAD設計コース

実務に即したリアルなCAD実習を通じて、即戦力となる建築技術を修得する

国土交通大臣指定「一級建築士」 指定科目履修学科(実務経験4年)/国土交通大臣指定「二級建築士」 指定科目履修学科/国土交通大臣指定「木造建築士」 指定科目履修学科/国土交通大臣指定「1級建築施工管理技士」 受験資格認定(実務経験5年)/国土交通大臣指定「2級建築施工管理技士」 受験資格認定(実務経験2年)

資格について

卒業後、実務経験なしで一級・二級建築士の受験資格を取得できます

「二級建築士」は、住宅業界で活躍するためのパスポート。ビルの設計技術者であれば、さらに上位の「一級建築士」が必要になりますが、どちらも卒業と同時に※1受験することができます。また、CAD技術者の実力を証明するCAD利用技術者試験は本校が会場となっていますので、慣れた雰囲気の中で安心して受験することができ断然有利です。

めざせる資格

  • ■一級建築士(実務経験4年以上)
  • ■二級建築士
  • ■木造建築士
  • ■1級建築施工管理技士(実務経験5年以上)
  • ■2級建築施工管理技士(実務経験2年以上)
     学科試験のみ在学中受験可能(指定学科)
  • ■宅地建物取引士
  • ■福祉住環境コーディネーター
  • ■CAD利用技術者

めざせる職種

建築士、CADオペレーターのニーズが急上昇

社会インフラの老朽化に伴うリフォーム、リノベーション、オフィスビルの建て替え需要など、建築界では今後も人材を必要としています。特に図面が引ける即戦力となる技術者が求められています。住宅メーカー、設計事務所、建設会社だけでなく建材メーカーなど、図面を必要とする仕事は豊富にあります。CAD技術者の活躍するフィールドは無限です。

  • 設計士
  • 建築施工管理技士
  • CADオペレーター
  • ハウジングアドバイザー

など

学びのステップ

1年次からコースに分かれて学習します。(一部共通学習有り)

1年次

建築設計の土台となる基礎づくり

建築設計の基礎からデザイン、CAD、CGなどを幅広く学び、総合的な視野を持った技術者を育成。まずは、コンピュータの基礎知識を修得。さらに建築士の試験科目である建築計画・構造を中心に学び、実習では、設計製図の基礎、空間デザイン、設計手法など建築に必要な知識・技術を身につけます。

2年次

卒業制作や設計競技に出品して実践力を培う

「建築」をより具体的に把握するため、建築材料・生産・法規を中心に学び、実務の基礎を確実に修得します。実習では、敷地調査から企画設計、プレゼンテーションまで実践的な課題を中心に学びます。また、建築業界で普及しているさまざまなCAD操作法も修得。集大成として自分の夢見る建築を卒業制作で作成します。

メッセージ

Senior's Message

「暮らしやすさ」をカタチにする設計の醍醐味

加藤 健太郎さん

宮城県 塩釜高校出身

もともと建築に興味があり、オープンキャンパスで心惹かれたのが本学科でした。住宅の設計は「暮らしやすさ」を具体的な形に落とす、という過程に面白さがあります。例えば家のどこに居ても家族の顔が見える住宅を希望されれば、外観はモダンに、中は壁の少ない構造に、など実際に暮らす人を思い描きつつ考えるのが醍醐味ですね。配付されたiPadで課題を撮影し、インターネットを通じて提出したりします。使いこなすまでは大変でしたが、慣れたらとっても便利でしたね。クラスはいろんなことに楽しんで取り組む明るい雰囲気。今は二級建築士を取ることが目標です。

 

Teacher's Advice

ものづくりの楽しさを伝えたい

柏 秀幸先生

建築は社会の基盤であり、未来を創る仕事です。自由な発想でイメージを膨らませ、CADを使ってビジュアルに表現する。自分の個性や社会に対する思いを、建築デザインで表現することを修得していきましょう。ものをつくるのが楽しくてしょうがない人、表現方法や社会状況の理解などもふまえて、一緒に学んでいきましょう。

 

※1:平成30年12月8日建築士法の一部を改正する法律で2年以内に施行予定。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A